大阪のクリニックでたるみ治療を受けました

超音波を利用した施術でリフトアップ

コラーゲンが縮むとリフトアップ効果を実感することができます。
半年くらい熱で縮んでしまったコラーゲンを修復しようという働きが起こるので、新しいコラーゲンが生み出されて肌にハリと弾力が戻ってきます。
超音波で必要な深さを狙って加熱できるのはHIFUと呼ばれる治療方法です。
他のマシンでは届かない深い部分まで熱を与えることができるので、確実にリフトアップができます。
女性の場合、鼻の下あたりから頬にかけて目立つほうれい線ができることがあります。
ほうれい線はコンシーラやファンデーションを使っても完全にカバーすることは難しく、光の加減しだいではかなり目立ってしまいます。
HIFUで根本から肌を若々しく保つことで、ほうれい線を目立たなくすることができます。
HIFUでの治療が決まると、医師が治療の説明をしてくれます。
カウンセリングでは肌の状態と治療部位について話し合いを行います。
施術が決まったら、まずクレンジングと洗顔を行ってメイク汚れと皮脂汚れを毛穴の奥から除去します。
肌の状態を医師が丁寧にチェックしながら照射してくれます。
一般的に30分から40分ほどで治療は完了します。
HIFUを利用した施術は腫れや赤みなどのトラブルがほとんどなく、クールダウンも必要ないです。

頬のたるみが気になって美容クリニックへ相談へ超音波を利用した施術でリフトアップ日常生活に支障が無い治療法で多くの女性が受けている